妊娠中・授乳中の方へ

診療科目

予約確認メールQRコード
各科スケジュール
滅菌への取り組み
歯科用CTを導入
妊娠中・援乳中の方へ
医療費控除について

妊娠中・援乳中の方の治療のご案内

女性は妊娠すると女性ホルモンの血中濃度が変わり、口腔内の環境もそれに応じて変化します。虫歯や歯周病は細菌が引き起こすもので、お口の中の問題だけでなく、全身の問題にも発展します。特に歯周病菌は早産を引き起こすリスクがあるため、妊娠中も歯周病予防が大切です。



妊娠中の患者様の治療の流れ

受け付けの際に母子手帳をご提示ください。虫歯や歯周病の検査結果を記入いたします。また、かかりつけの産婦人科医への連絡や照会が必要な際に滞りなく行うことができます。

産婦人科医から特に注意する事項を伝えられている場合、歯科医師にお伝えください。注意事項には全身疾患の有無、貧血、妊娠中毒症、流産の既往、早産傾向などがあります。

受診中は楽な体勢をお取りください。長時間の仰向けの体勢は気分の悪化を招くことがあります。腰痛やお腹の重さなどがあれば、遠慮なくおっしゃってください。

受診中、休憩が必要であれば遠慮なくお伝えください。つわりなどがひどい場合はこまめに休憩を取ることも出来ますので、無理をせずお申しつけ下さい。以上で診療は終了です。

矯正歯科 治療の流れ

妊娠中に歯の治療を受けても大丈夫ですか?

妊娠中はお母さんの体調を考慮し、歯科治療を最小限に抑えることがあります。妊娠初期はつわりがあり、妊娠後期は早産の危険のため、応急処置でとどめておくのが一般的です。したがって、妊娠5~7ヶ月の安定期が最も歯科治療を受けるのには適しています。

妊娠中に歯のレントゲン写真を撮られても大丈夫ですか?

妊娠15週以降であれば、赤ちゃんの器官形成が終わっているので、レントゲン被爆の影響はほとんど受けないと考えられています。更に歯科用レントゲンはお腹に直接エックス線を当てるものではなく、防護用の鉛エプロンを必ず着用するため、問題はまずありません。

妊娠中に歯の麻酔をされても大丈夫ですか?

歯科の局所麻酔は薬液の使用量も少なく、注射をしたその部分で分解されてしまうため、赤ちゃんへの影響を心配する必要はありません。 しかし、局所麻酔薬が必要な治療の場合は、より安心して治療を行うため、かかりつけの産婦人科医に相談されることをお勧めしています。

妊娠中に飲み薬を飲んでも大丈夫ですか?

病気にかかってそれが母体や赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性があれば、薬を飲み積極的に治療していく必要があります。歯科治療で使用する薬は妊娠中であっても比較的安全に使用できますが、私達は、その中でも最も安全な薬をなるべく少量で効率よく使用していくことを考えています。

薬剤はどんなものを使用していますか?

【痛み止め】
現在最も安全な痛み止めはカロナール(アセトアミノフェン)と言われています。また、ソランタール(塩基性痛み止め)も比較的安心して使用できます。

【抗生物質】
ペニシリン系、セフェム系、マクロライド系は胎児毒性は認められないといわれています。第一選択薬・セフゾン(セフェム系)はほぼ安全性が確立しています。

【うがい薬、口内炎軟膏、フッ素、キシリトール】
これらの薬で短期間の使用であれば問題となることはまずありません。ただし、イソジン(ヨード)は長期の使用は控えたほうがよいでしょう。

生後3か月までのお薬の服用は授乳前に

出産後には積極的な歯科治療(特にレントゲン撮影、歯の麻酔など)が可能になります。しかし、薬剤に関しては、代謝機能が未成熟な生後3ヶ月ぐらいまでの乳児に授乳する場合、少し注意が必要です。

ほとんどの薬剤は母乳にも移行するため、、妊娠中と同様な対応が望ましいとされています。大半の薬剤は服用後、約2時間をピークとして母乳中へわずかに移行しますが、5、6時間後にはその半分以下まで母乳に移行する量が減少します。

ACCESS

HOME > ORTHODONTICS

page_top