インプラント治療

診療科目

予約確認メールQRコード
各科スケジュール
滅菌への取り組み
歯科用CTを導入
妊娠中・援乳中の方へ
医療費控除について
セカンドオピニオン

インプラントのご案内

よくある質問

インプラント治療とは、歯が失われた場所に、歯の根に変わるもの(人口歯根)を埋めておき、それがしっかりついた段階で人口の歯を接合していく治療法です。

人は永久歯を失うと残念ながら二度と生え変わってきません。そのため今までは入れ歯などを用いるしかその部分を補う方法はありませんでした。しかし、入れ歯だと固いものがうまく噛めない、発音がおかしい、また長く使っている間に合わなくなってガタついてきたりする場合があります。このように歯を失ってお悩みの方に最適な治療法がインプラントです。

インプラント治療を行うには、患者様が治療に適しているかなど精密な検査が必要になります。また、治療後も清潔な口腔内環境を保つためにも定期的な検診をお勧めしております。まずは担当医師にご相談下さい。

※当院ではノーベル・バイオケア・ジャパン社とGC社のインプラントを使用しています。

1本の歯が欠けている場合

インプラントを埋め込むことで、咀嚼機能と自然な風貌が回復します。

数本の歯が欠けている場合

数本のインプラントによって支えられるブリッジで、機能と顔立ちが回復します。

インプラント治療によるメリット
  • 自分の歯のように、しっかりと噛むことができる。
  • 外見上も不自然さがない。
  • 周りの健康な歯を傷つけない。
  • 噛み合わせが良く、顎の骨が痩せるのを防ぐ。

インプラントガイドシステム クリニシャン

当院では「ノーベルガイド クリニシャン」というインプラントガイドシステムを導入しております。「ノーベルガイド クリニシャン」とは、CTで撮影した口腔内の画像からコンピューターの画面上で手術のシミュレーションをし、インプラントの埋入が正確に行われるように誘導するシステムです。

上記システムを使用することにより、歯肉を切開せずに治療が可能になり、出血による痛みや腫れがなく治療時間も短縮でき、その日の内にすぐ噛めるようになります。また、コンピューターシュミレーションした正確な埋入が可能ですので、余計な切開がなく感染症の心配もありませんし、神経や血管の損傷を抑えます。骨の薄い場所でもピンポイントで埋入場所を割り当てます。見た目はもちろんのこと噛みあわせも正確に合わせられるので治療後の経過も良好です。

歯科用CTスキャン

当院ではCTプロマックス3D(GC社製)を導入し、インプラント治療時の正確な診断や口腔外科等の処置をより安全、確実に行うよう環境設備を整えています。

歯科用CTは術前計画の段階でインプラント埋入部位の骨量を正確に把握できるので、確実に治療ができるだけでなく、治療する部位を立体的な3D画像でお見せすることにより、どこを、どのように治療するのか、視覚でしっかりと認識することができ、安心して治療にのぞんでいただくことができます。

インプラント 治療の流れ

インプラントに必要な検査(レントゲン、CT、歯周病の検査等)を行いインプラントが可能かどうか診断します。

歯の根に相当する部分を顎の骨に埋入します。手術時間は本数により異なりますが2時間前後です。

後2~3ヶ月を経過しインプラントと骨がしっかり結合してから、上に人工の歯を装着します

治療終了後も問題が起こらないよう、定期的にインプラントの状況をチェックします。

※なお、当医院では歯科麻酔科認定医のもと、ご希望の方には静脈内沈静法にて無痛下でインプラント埋入手術を実施しております。

インプラント周囲炎とは、インプラント周辺の組織に炎症が起こる、歯周病と似た病気です。治療せずに放っておくと、歯肉から出血したり、膿んだりし、最悪の場合はインプラントが脱落してしまいます。原因は歯周病と同じ細菌で、汚れを除去せずに不潔にしていると起こります。
インプラント周囲炎と歯周病との違いは、歯周病以上に発症に気付きにくく、歯周病よりも進行が早いことです。インプラントは天然歯のように歯根膜とつながっておらず、細菌に抵抗する術を持たないため、早期に病気に気付くことが重要です。

インプラント周囲炎と歯周病の違い
歯周病 インプラント
原因 歯周病原細菌 歯周病原細菌
歯肉の腫れ 腫れやすい 腫れにくい
歯肉の出血 出血しやすい 出血しにくい
痛み 痛みが生じやすい 痛みが生じにくい
炎症が起きる場所 歯肉 歯肉・骨
骨が吸収するスピード 遅い 早い
歯などの動揺 動揺しやすい 動揺しにくい
インプラントのケアとメンテナンスを充分に

インプラント周囲炎の初期は周囲の歯肉に炎症が起きるインプラント周囲粘膜炎が見られます。この段階ではまだ歯槽骨は溶けてはいません。しかし、治療をせずに放置しておくと、炎症が進み、歯槽骨が溶けていきます。重度になると、インプラントを除去する必要があります。
インプラント周囲炎を予防するには、歯周病と同じくプラークコントロールを毎日行うことです。プラークコントロールとは、歯垢を溜めないようにすることです。すなわち毎日のこまめな歯磨きとデンタルフロス、そして定期的な歯科医院でのクリーニングです。

インプラント治療が怖いという方は静脈内鎮静法も可能

顎の骨に人工歯根を埋め込むと聞くと、とても痛そうな印象を持たれるかも知れません。実際には麻酔をしますのでほとんど何も感じないはずですが、それでも精神的に負担になる方もいるでしょう。そのような場合は静脈内鎮静法を施すことができます。
静脈内鎮静法とは、リラックスさせるための鎮静剤を点滴し、ほとんど眠ったような状態になる麻酔方法です。患者様の精神的負担を軽減し、極度の緊張によるリスクを回避することができます。手術後は薬の効き目が切れ始めるまで、少し医院内でお休みいただいてから帰宅いただきます。治療当日は自動車の運転や激しい運動は控えていただくようお願いします。

このような症状をお持ちの方にお勧めします
  • 嘔吐反射が強い方
  • 全身疾患をお持ち方や全身管理の元で治療が必要な方
  • 治療に対する恐怖心が強い方(歯科恐怖症の方)
  • インプラントの埋入本数が多い方・治療範囲が広い方
  • 治療中に気分が悪くなったことがある方
  • 気楽にインプラント治療を受けたい方

静脈内鎮静法のメリット・デメリット

メリット
  • 意識が全くなくなるわけではないので、呼びかけに応じられる
  • 全身麻酔のような呼吸管理が必要ない
  • 全身麻酔とは異なり、入院の必要がない
  • 血圧や心拍数が安定する
デメリット
  • 麻酔からの回復は早いが、手術直後は眠気が残る場合がある
  • 手術当日は自動車の運転や激しい運動はできない
  • アレルギーがある場合に、適用にならない場合もある
ACCESS

HOME > IMPLANT

page_top